神戸の花菱にて

初めまして、ラーメン好きのJです。

昔、TVチャンピオンのラーメン王決定戦に出たせいか、友人からは、<ラーメン大王>と呼ばれています。
確かに、20代の頃から、西は鹿児島、東は北海道まで、あらゆる地域のラーメンを食べ歩きました。
毎日、1滴のスープも残さず食べていました。
でも最近は、メタボが進むので、週2-3回に押さえています。健康が第一ですから!

 

そんな私がご紹介するのは、おいしいラーメン屋さん、ではなくお好み焼屋さんです。
創業57年の老舗で、有名芸能人なども多くやって来る「花菱」です。

場所は、神戸三ノ宮のセンター街にあります。

どうです?見た目からもおいしそうでしょう。お店のメニューもたくさんありますが、私の一押しはこれです!

 

私はちょっと食いしん坊なので、「お好み焼きと焼きそばの両方を食べたい!」といつも考えています。
この悩みを解消してくれるのが、これ!

 

あつあつのお好み焼の中に、太めでコシのある麺が挟み込まれているお得感。
この麺にお好み焼きの濃厚な味がからんで、二重のおいしさを堪能できます。
「一口で二度おいしい!」と最上の満足感を得られること間違いありません。

 

お好み焼きの中には、貝やたこなどの海鮮、焦げ目がつくくらい焼かれて柔らかくなったぶたさん、
健康に良いこと間違いないキャベツなどの新鮮野菜と、ふんだんにこれでもかというくらいの具材が盛り込まれています。

 

他にも、ふんわり柔らかいたまごで巻いたとん平焼きは、他店と違い肉厚のぶたさんで作られています。これがケチャップとマヨネーズをのせて食べると、そのおいしさと言ったらもう・・・。言う事なしです!

 

本物のとん平焼きを食べたことのない人には、ぜひお薦めします。
中の肉が「こんなに分厚くて、柔らかいんだ」と本物の味を知ることでしょう。
もちろん、他にもベーシックだけど、味わい深い、焼きそばもお薦めです。

最後になりますが、今一度、お店の前に戻ってみます。

左下に見えるのは、弊社一押し商品の<灯菜>です。外からの光が入らないセンター街の中でも、
LEDの光だけで、これだけスクスクと育っています。お店の中にも置いていますが、花で店内をきれいに彩っています。

ここで見られたお客さんは、「インテリアとして部屋に置くとかわいいね」「自分の家で料理する時に、自分が育てた野菜を大事な人たちに食べさせてあげたいね」と言い、購入されます(店主談)。

最近は、海外からのお客様が多く、英語のリーフレットが、すぐになくなるそうです。インバウンド効果はこんなところでも出ているのですね。他の国では、見つけられないこの商品を海外の方々に買っていただくことは、日本文化の輸出だと思っています。

 

最後になりますが、<灯菜>を観たい方、本物のお好み焼を食べたい方は、ぜひ神戸三ノ宮の<花菱>をお薦めします。
おいしいお好み焼きを食べて、本物の味を堪能してください。

関連記事

  1. みかん

    余すところ半月

  2. カフェ灯菜

    ショールーム兼カフェのご案内

  3. 水耕栽培でちょっとひと息しませんか?

  4. ベトナムホーチミン工場

    ベトナム ホーチミン工場にて

  5. カフェ灯菜にて

    カタログ届きましたでしょうか?

  6. カフェイベント

    「お部屋で栽培」入門セミナー開催しました。