住宅照明にはどんなものがあるの?

住宅照明のアイテムを紹介!

照明は私たちが生活するうえで絶対に欠かせないアイテムの1つです。さまざまな行動に適した明るさを提供してくれるだけではなく、良くも悪くもメンタルな部分にも大きく影響を与えます。私たちが1日の大半を過ごす住まい、今回は屋内で使用する照明の種類や選ぶときのポイントについてご紹介します。

CONTENTS

1.住宅照明には主にどんな種類があるの?

シーリング
天井に直接取り付けるタイプの照明。お部屋を全体的に明るくしたい場合に最適。

シャンデリア
天井に取り付ける照明。多数の光源をグローブやセードなどの小型の透過する部品とともに配置し、直接光や屈折光などによって華やかな雰囲気を演出してくれる。

ペンダント
天井からコードやチェーンなどひも状のもので吊り下げるタイプの照明。セードの種類や形、大きさ、吊るす位置などによってさまざまなタイプのお部屋を演出できるすぐれもの。

ブラケット
壁面に取り付けるタイプの照明。補助照明として廊下や階段などに多く使われる。ペンダントと同様、セードの種類や形状がさまざまでデザインが豊富、お部屋の空間づくりにアクセントを与えてくれる。

ダウンライト
天井に埋め込む小型タイプの照明。近年ではリビングから寝室、廊下、玄関、トイレなどさまざまな所で使われる万能器具。大きさや明るさなど種類が豊富であるため、それぞれのお部屋にあったものを選ぶことができる。

スポットライト
自分が照らしたいところをスポット的に照らすことができる照明。直付けできるもの、レールに取付けられるもの、クリップで挟み込みできるものなど取付け方法も選択肢があるので場所を選ばずに使うことができる。

スタンド
床、もしくは机に置いて使用する照明。一般的に床置きタイプはフロアスタンド、机に置くタイプはテーブルスタンド、勉強や作業をする際に使用するタイプはデスクスタンドと呼ぶ。いずれも工事が不要で、購入後、自分ですぐに設置することが可能。

流し元灯
吊り戸棚の下に設置するタイプの照明。細長い直管のデザインが一般的で、手元の明るさを確保してくれる。手が濡れていたり汚れていたりする場面が多いため、人を感知したりセンサー部分に手をかざすだけなどスイッチに手を触れずに点灯できるもある。

足元灯
廊下や階段など壁面の足元まわりに取り付ける小型の照明。夜間の明かり取りなど安全確保のために使われることが多い。

ミラーライト
洗面台など人の顔や姿を映す鏡用に使用する照明。鏡を利用する際の補助照明として使われている。

バスルームライト
浴室内で使用する照明。浴室は常に湿度が高く、水がかかってしまう場所であるため、防湿・防水型仕様が基本。また、グローブやセードが破損する危険性を踏まえ、今では樹脂製のものが主流となっている。

ここからはご自宅の庭などで使われるエクステリア照明をご紹介します。

ポーチ灯
玄関ポーチに取り付ける照明。壁面取付が主流。屋外で使用しても大丈夫なように防雨型仕様となっている。人を検知して点灯する人感センサーや外の明るさに合わせて点灯する照度センサー付きが人気。

ガーデンライト
植え込みや庭をライトアップするポールライト。防犯や安全対策にも使われる。埋め込みタイプやスパイクタイプ、直置きタイプなどさまざまな施工方法があり、サイズも高さや幅径など種類がたくさんあるので自宅の庭に合ったものを選ぶことが大切。

門柱灯・表札灯
門柱の上部分や表札の上部に取り付ける照明。暗くなりがちな門まわりを明るく照らしてくれる。

勝手口灯
勝手口に取り付ける比較的小さめな照明。壁面取付けが主流。勝手口灯の代わりにエクステリアスポットを使用することも多い。

エクステリアスポットライト
屋外用のスポットライト。植物や住居を照らしてお庭を演出することが可能であるが、ポーチ灯同様、センサー付きが主流となっており防犯対策などにも多く使われている。

2. 光の色も重要なポイント!

おしゃれなお家に住みたいと考えている人はきっと多いはず!おしゃれにするために考えることは家具・ファブリックのデザインやカラー、配置だと思いますが、その中でも照明は部屋の雰囲気を演出してくれるとても大切なアイテムです。例えば大人っぽくコーディネートした部屋に真っ白な明かりのまぶしい照明を設置してしまうと、せっかく落ち着いた感じを求めていたのに雰囲気が台無しになってしまいます。ここでは光の色についてお話しします。

照明では光の色のことを「色温度」と呼んでいます。細かく分類するともっとあるのですが、大まかにいうと以下の3種類が代表的です。

電球色
色温度約2700Kの光色。赤みを帯びた色が特徴で、安らぎと落ち着きを与える作用がある。ただし、明るさを感じにくいため、作業をする場所など明るさを求めるところではやや不向き。

昼白色
色温度約5000K前後の光色。太陽の明るさに最も近い自然な光の色で、活気ある雰囲気の照明に適している。

昼光色
色温度約6500K前後の光色。白っぽく青みがかった最も明るい色で、すがすがしく爽快な雰囲気の照明に適している。細かい部分がよく見え、集中力を高めるのに最適。

このうち、昼白色と昼光色は白っぽい色の明かりで陰影が出にくく、爽やかで清潔なイメージの雰囲気を演出してくれるので洗面台やキッチンなど作業をする場所で用いられます。対して電球色はオレンジ色の明かりで落ち着いた雰囲気を演出するのでリビングや寝室などによく使われています。

明かりの色によってもお部屋の雰囲気がガラッと変わります。照明を選ぶ際には光の色も重要ポイントとして、特徴を把握した上で検討してみてください。

3. 照明器具にはどんな機能がある?

照明を検討する際、パッと見で判断できるデザインで決めがちですが、照明器具にはさまざまな機能がついています。ここではいま主流になっている照明器具の機能についてご紹介します。

連続調光 段調光 調色
照明の明るさを調整できる機能。器具によって調整できる範囲はそれぞれだが、無段階でスムーズに明るさを調整することができる。 連続調光と同様、照明の明るさを調整できる機能。連続調光との違いは無段階ではなく段階的に明るさを変えることができる。 光の色(色温度)を調整できる機能。設定されている光色を切替えてシーンに合った空間を演出することができる。近頃では段階的に光色が調整できるタイプもある。
人感センサー 照度センサー タイマー
人を検知して照明をオンオフできる機能。人がいる間だけ点灯するため、点けっぱなしや消し忘れ防止となり、また不審者を検知したりもするため、節電や防犯対策ができる。 明るさに反応するセンサーで、周囲が暗くなると自動的に点灯し、明るくなると自動的に消灯する。毎回手動でオンオフをする手間が省け、消し忘れも防げるので節電にもなる。 設定した時間でオンオフしてくれる機能。その他センサーと同様に手動でオンオフしなくても良く、節電や防犯対策にもなる。

このほかにも最近では無線通信技術「Bluetooth®(ブルートゥース)」が搭載されていたり、スマートフォンでスイッチの入切ができるなど、照明器具も日々進化しています。興味がある方はお店やネットショップなどでチェックしてみてください。
お部屋や状況によって演出したい照明のシーンはさまざまだと思います。これらの機能を踏まえてより良いプランを考えてみてはいかがでしょうか?

今回は住宅照明の種類についてお話ししましたが、どんな照明にしたら良いか困っている方、アドバイスが欲しいという方はいつでもお気軽にご相談ください。お待ちしております!

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら
電話番号:03-5940-6773
(土日祝除く平日10:00-17:00)