照明の当て方

ブログ照明の当て方

演劇や舞台、歌舞伎、音楽コンサートなんかは大概は会場を暗くして

観客が観たい方に照明を当てるのが普通ですよね。

そして演者はスポットライトや照明で観客は殆ど見えてません



演奏や演技に集中する狙いもあるのでしょう。

観客もスポットライトで浮かび上がる歌手や俳優を見ると

気分的にも盛り上がりますね。

ワー!キャー!言いやすくもなります。

自分も遠くに浮かび上がる演者に何度も名前を叫んでいました。

また暗い中でペンライトをかざし、演者と一緒になって楽しめることが出来ます。






かたや落語の寄席は噺家のところだけでなく、客席も明るいんです。

なぜかというとお客が見えることにより、噺家は観客の年齢層や性別などをみて、枕や演目を変えたりするんだそうです。

演者と観客の距離感やライブ感をとても大事にし、臨機応変に対応しているのです。

実際に寄席に行くと、普通に明るく演者と観客の照明の当て方に

隔てがありません。なのでとても身近に感じるんですね。






落語は寄席だけでなく様々な場所で行いますので、特別な照明設備が無くても開催できるのも魅力の一つです






車のショールーム、マンションや戸建てのモデルルームも、購買意欲をそそるような照明使いをしていますね。

照明の当て方次第で製品がとても魅力的に見えます。






照明で雰囲気がガラッと変わるので、照明はとても大事なファクターです。

ライトで浮かび上がる憧れの車を眺めるのは、気持ちが高揚し、乗ってみたい衝動に駆られます。



夜空に浮かび上がる神秘の景色






日本を代表する世界遺産 清水寺です。

息を飲むほど美しい景色です。後ろの京ノ都の夜景も相まって

得も言われぬ美しさです。

どの角度からどんな照明を当てれば、美しく見えるのか計算されています。千二百年前はどのように見えたのでしょう。

世界中の観光客が訪れます。

照明は暗いところを明るくするだけでは無く、当て方一つで人々の気分を高めてくれる魔法のような光です。


The light put a spell on you! Because You’re mine.

関連記事

  1. 水耕栽培でちょっとひと息しませんか?

  2. インテリアライフスタイル

    ショールーム兼カフェ「Cafe灯菜」店内リニューアル

  3. みかん

    余すところ半月

  4. カフェ灯菜

    ショールーム兼カフェのご案内

  5. ベット灯

    灯りについて

  6. スタッフブログ

    今日から月2回スタッフブログスタート!