LEDで切り花・サボテン

切り花を「灯菜」で育てると、長持ちします。※種類・環境によって異なります。


切り花を「灯菜」で育てる方法~ペチュニア~

鉢植えのお花を切る。

ケースに入れられる分の花を用意。

水を含ませたスポンジを 片割りし、挟んで差し込む。

水位線まで 水をいれて容器にセット。

その他にこんな切り花も育てられます。

マリーゴールド

日日草

べごにあ

ポウチュラカ

ときめきリンダ


LEDでサボテンが増やせます。

LEDでサボテンを育てていると成長が早く約1ヶ月ぐらいすると子が出始めます。
※植物の種類・環境によって異なります。

子の部分をはさみで切って、とります。
スポンジ1個をへっこみを上にして半分に切ります。
半分にしたもの液肥に入れ、十分しみこませます。
根の出ているものの場合は、スポンジ凹み上から切りこみを広げて根を出してください。
カットしたばかりのサボテンは大きかったら片方切ってはさみます。
小さい物は切りこみに埋めてください。
再度液肥に浸してください。
取りだし、綺麗に拭いください。
Akarina09またはAkarina10に設置して、完成です。
※Akarina09とAkarina10にはスポンジと液体肥料が付属してません。

LED植物栽培器「灯菜シリーズ」でしたら、どの機種でも飾っていただけます。

このようにLEDで育てると子が早く出てきます。
(約1ヶ月位で子が出始めます)